スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よん豆腐 ION FOOD OPERA

2010. . 24
food opera youg taufu
young tau fu
フードオペラでは、よん豆腐も食べました。
バクテーでは野菜が足りなくなるので、貴重な野菜源としてよん豆腐は重要メニューです。

ここのよん豆腐は、まず並んでいるネタが新鮮です(中国産かもしれませんが)。
並んでいるネタの中から最低7品選んで、お店のおばちゃんに渡し、主食(ビーフン/麺/ライス)を選び、スープかドライかを選びます。僕は、ビーフン/スープがお気に入りです。
ここのスープはなかなか濃厚ですが、@313に比べるとやはり少し劣ります。
でも、平均以上に美味しいです。
★★★★☆
スポンサーサイト

馬里士他肉骨茶

2010. . 21
馬里士他肉骨茶
バクテー
バクテー2
ライス
松發肉骨茶に続いてなかなかナイスな肉骨茶です。
シンガポールで一番栄えているオーチャードのION(アイオン)の地下にあるフードオペラというフードコートに行ってきました。ここにもバクテーがあったので頼んでみました。
馬里士他肉骨茶というお店で、とりあえず普通のバクテー(Pork Rib Soup)S$6.50です。
松發肉骨茶より少し薄めのスープですが、なかなか良い香りがしています。
レンゲで一口すすると、旨い!!
コショウがピリッと効いていますが、こくがあって、お肉の味がしっかり出ています。
このスープをご飯にかけて、お肉を食べながらオジヤ状態のご飯を食べる。幸せです。
お肉は、肉の部分はやや旨味が出てしまっていますが、骨の周りや油の多い部分は十分に旨味が残っています。
ここも、お気に入りです。
★★★★★

ヒルマンレストラン ペーパーチキン

2010. . 20
pe-pa-tikin
chaophan
kang kong
今回は、ペーパーチキンです。
妻とガイドブックを見ながら、「一度食べに行きたいねぇ。」と、話していたのですが、今回ランチで突撃です。
リトルインディアのもう一つ北のファーラーパークから歩いて数分、ムスタファの近くにあるヒルマンレストランにいきました。
予約なしで入ったのですがすぐに座れました。でも、お客の半分以上は日本人です。あちらこちらから日本語が聞こえてきます。メニューにも日本語があり、かなり日本人客が多いようです。

とりあえず、ドリンクにグリーンティーを家族全員4人分頼んで、ペーパーチキン(中)、カンコンのニンニク炒め(中)、ベジタブルチャーハン(中)などをオーダーしました。
しばらくすると続々と料理が到着です。
早速ペーパーチキンをいただきます。ペーパーチキンは唐揚げのタレにつけ込んだ鶏肉のぶつ切りを衣をつけずに油紙で包んであげた様なお料理です。肉汁が紙の中にたまっていて、チャーハンの上で紙を破ると肉汁がこぼれます。そして肉汁を絡めたチャーハンと鶏肉をほおばると・・・ほっぺた落ちそうです。鶏肉も柔らかいし、味付けも日本人に馴なじみやすい味で、おいしい。
そして、ここはカンコンも美味しい。子供達がほとんど食べ尽くしてしまい、僕は二口しか食べられませんでした。

さらに食後にデザートを勧められました。店のおばちゃんに「マンゴープリン?杏仁豆腐?」と日本語で聞かれます。
妻がマンゴーアレルギーのため、みんな杏仁豆腐にしました。
シンガポールの杏仁豆腐は、杏仁豆腐とロンガン(龍眼)というライチに似た果物を一緒に盛ってあります。
こちらも美味しくいただきました。4人でS$96.00でした。

長女は、「パパの誕生日にまたここで食べる」と言っておりましたので、子供にもお勧めです。
でも、誕生日のお店は自分で決めさせてください。

★★★★☆

松發肉骨茶 

2010. . 14
肉骨茶1
ピッグテールスープ1
カオサイ
今日は家族で肉骨茶(バクテー)を食べに行きました。
シンガポールに下見に来た時に他のところで食べて以来、かなりはまっている肉骨茶。
ここはかなり有名らしく、HP(http://www.sbestfood.com/songfa.htm)もあります。
今日は、家族4人でバクテーS$5.50、ピッグテールスープS$5.00、咸菜S$2.00、菜心S$5.00、ライスS$0.50×3、アイスレモンティーS$1.30×4を頼みました。
まず、最初にくるレモンティーが美味しい。多分紅茶を自分のところで入れているのでしょう。かなりのこだわりが感じられます。
そして肉骨茶です。見た目ちょっと濃いめのスープにしっかりしたポークリブ。丸ごと入ったニンニク。そして、何とも言えない香り。かなり食欲をそそります。
まず、スープを一口。
コショウが効いていて少しぴりっと来ますが、それに負けないくらい豚の旨味が出てます。
うまい!!ついついご飯がすすみます。
そして、お肉にかぶりつきます。
これだけダシが出てるのに、うまい。骨の周りのスジまでオイシく食べられました。
スープをとる肉と出てくる肉は別なのでしょうか?これだけダシが出て、こんなに旨味が残ってる訳がない!!
とにかく、オイシくいただきました。
次にピッグテールスープです。豚のしっぽはゼラチン質で僕は大好きなのですが、妻は苦手です。牛のテールに比べると食べるところが少ないです。スープはバクテーと共通のスープのようです。
そして、付け合わせに咸菜・菜心を頼みました。咸菜は野菜を塩辛く煮たもの、菜心は菜の花みたいな野菜をオイスターソースで炒めたものです。どちらも癖がなくうまいです。

あ、途中でスープの継ぎ足しサービスもしてました。
子供達はご飯にスープをかけて、おじや状態にして食べてました。
みんな大満足です。また来ます。

★★★★★

後藤

2010. . 08
後藤1
後藤3
後藤5
シンガポールで本格的な懐石料理が食べられるお店。「後藤」です。
ここのご主人は金沢の「利休」で働いていたそうです。
S$180のお料理をお願いしましたが、久々に日本料理を食べてほっとしました。
前菜のホタルイカが懐かしい。あんきもも美味しい。
お吸い物も、お上品なお味でシンガポールで美味しいお吸い物が飲めるのはありがたいです。
天ぷらもたらの芽やふきのとうなどシンガポールにいる事を忘れさせてくれるメニューです。
その後は酔っぱらってよく覚えておりませんが、とても美味しかったです。
シンガポールで美味しい日本料理を食べたい時におすすめです。

★★★★★

ポピア 富城食品 マックスウェルフードセンター

2010. . 04
富城食品
ポピア
ポピア2
続いて、マックスウェルフードセンターのポピアS$1.20です。
ポピアはシンガポール風??の春巻きみたいなもので、春巻きの皮でピーナッツや人参、大根などの野菜をくるんであります。甘い醤油ダレのようなタレがついています。
味は、クラッシュしたピーナッツの歯ごたえとと中の大根のジューシーな感じがなかなかナイスです。
嫁さんはこれがお気に入りと言っています。が、子供は食べませんでした。
ちょっと、小腹がすいた時や、チキンライスだけじゃちょっと足りないなぁという時に是非どうぞ。
★★★☆☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。