スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hanifa's briyani specialist ~テッカセンター~

2010. . 30
前回隣のテーブルに座ったおっさんに負けた気がして悔しかったので、早速リベンジに来ました。

Hanifa's biriyani specialist
まえに頼んだお店の隣の隣にある"Hanifa's briyani specialist"でマトンビリヤーニS$4.50を頼んでみました。
待っている間観察してると、明らかにこっちの方が客が多い!!
やっぱり美味しそうだ!!と期待が高まります。

マトンビリヤーニ
そして、待望のビリヤーニ到着です。
前回は油紙のお皿でしたが、今回はバナナの葉です。見た目も美味しそうで、卵までついています。
お味の方も、やっぱりこっちの方が断然美味しい。
炊き込みご飯単品でも十分美味しい。
そこにカレーをまぶした柔らかいマトンのお肉が入って、さらに豆のカレーが少しついています。
そして付け合わせにズッキーニのお漬け物?でしょうか。カレーにあっていて美味しい。
さらに卵まで・・・。
絶対にこっちの方が満足度高いです。

★★★★★
スポンサーサイト

Yakader -muslim food- テッカセンター

2010. . 28
家族が日本に帰っている間に、子供がいると行きにくいビリヤーニを食べに行きました。
ビリヤーニはカレー炊き込みご飯みたいなもんです。
今回はリトルインディアのテッカセンターに行ってみました。

テッカセンター ビリヤーニ
テッカセンターはさすがにリトルインディアだけあってインド系のお店が充実しています。
今回はとりあえず目についたここでマトンビリヤーニを頼んでみました。
隣の隣にも同じ様なお店があって迷ったのですが、今日はこっちで。

シュガーケイン
ビリヤーニができるまでの間、シュガーケインジュースを飲みながら待ちます。今日はちょっと贅沢にレモン入りでS$1.20です。

マトンビリヤーニ
ものの3分ほどでビリヤーニ到着です。
炊き込みご飯の中にマトンの固まりが一つ、そしてカレールーと付け合わせのお漬け物がセットになっています。
お味はそこそこですが、隣のおじさんがもう片方のお店でチキンビリヤーニを頼んでいてそっちの方が美味しそうでした。こちらは油紙の皿ですが、向こうはバナナの葉っぱ。チキンも大きくて、向こうの方が美味しそうです。
それに、おじさんと目が合った時に「ふっ、こっちの方がウマいんだぜ」見たいな目をされて、なんか負けた気がします。
今度もう片方の方も食べ比べしてみます。

★★★★☆

Leung Sang Hong kong Pastries

2010. . 24
シンガポールでは良く"Egg tart"を見かけます。日本では最近あんまり見ませんね。
もうみんな飽きちゃったのでしょうか?

香港ペストリー
近所に自家製エッグタルトを売っているお店があります。チョンバルプラザの向かいにある香港ペストリーのお店です。ショーケース2段目の山のように少し高くなっているところがエッグタルトの山です。この山の高さはおそらく焼きたてです。ナイスタイミング!!
カレーパイやら、チキンのパイやらいっパイありますが、うちの家族はここのエッグタルト(S$0.90)がお気に入りです。
ちなみに「エッグタルト」と言うとイマイチ通じません。「えったっ」と言うと良く通じます。
(<解説>シングリッシュは音節が短くなる傾向があり、「カーパーク」は「カッパ」、「メイド」は「メィ」、
「あずき」は「レッビン」です。)

エッグタルト
出来立ては温かくて、周りはサクサクでほのかにバターの良い香りがして、中は甘さ控えめの卵のフィリング。
う~ん、最高です。
でも、気をつけて食べないと周りがこぼれたパイ生地のカスでめちゃくちゃになってしまいます。

アーモンドドリンク
そして、いつもエッグタルトのお供には「杏仁川貝露」(S$2.30)です。
お供の割に本体より高いのが難点ですが、杏仁豆腐の液体版の様な味で、暑い時に飲むと体の熱を冷ましてくれますが、調子に乗って飲み過ぎると下痢をします。
僕のシンガポールで一番好きな飲み物です。エッグタルトにかぶりついて、こいつをグビッといくとかなり幸せな気分になれます。

★★★★☆

文東記

2010. . 23
家族が日本に帰っている間にバレスティアロードを散策してみました。バレスティアロードはゲイランほど濃ゆくはないのですが、下町っぽい雰囲気が漂うところです。家族と一緒ではなかなか来ることない所なので少しお散歩してみました。馬里士他日夜肉骨茶にも行ってみたかったけど夜しかやってないらしく、この日は文東記のチキンライスに決めました。
文東記
ちょっと汚めの町並みですが、文東記はこぎれいなので目につきます。

バーリー
とりあえず「バーリー」(S$2.00)という麦の飲み物を頼んでチキンライスが来るのを待ちます。
なぜか体の火照りがすーっととれる様な気がする不思議な飲み物です。

チキン
そして、いよいよ待望のチキンライスがやってきました。
チキン(S$5.00)、プレーンライス(S$0.50)。
僕の大好きなプリプリのチキンです。少し上品な感じがします。

チキンライス
菜心(S$4.00)も頼んでみました。他のホームページでも美味しいと書いてある通り、とても美味しいチキンライスです。プリプリでチキンの味もしっかりしているし、ご飯も普通に美味しい。でも、一人で来てるの僕だけじゃん!!若干落ち着かない感じでしたが、気にせず完食です。
あーウマかった。今度は夜にバクテー食いにきます。

★★★★★

カエル & ドリアン

2010. . 21
家族が日本に帰って、しばしの独身生活です。
その間に同僚のH様が、ゲイランツアーを組んでくれました。
目的は、もちろん。。。。
「ドゥーリャン(ドリアン)」です。

仕事終了後、バスにてゲイランへ。ゲイランはかなりパワフルな町でかなり中国っぽい。
まず腹ごしらえに軽く夕食です。
親鳥について行く小鳥のように、H様について行き、お目当てのお店に入り注文です。
ここは英語すら通じない世界・・・
本日のメンバーは誰も中国語は話せませんが、押しの強いH様は強引に注文を通していきます。
そして、出てきたメニューがこれ。
カエル粥
オイシそうなお粥に何かのお肉が入っています。
お肉の正体は・・・・『カエル』です。
味は、「ちょっとぷりっとしてて、小ぶりなので食べる時に骨がジャマな鶏肉」です。

カエル with dry chili
調子に乗ってカエルをもう一品。"Frog with Dry Pepper"
こちらはカエルをチリたっぶりの辛いソースで煮込んだ料理です。
とりあえず、みんな残さず完食!!

その後、本日のメインディッシュをいただくため移動です。
少し歩くと、果物屋さんに到着です。
果物屋さんの一角が「ドリアン」コーナーになっていて、奥には食べるスペースがあります。
durian1
ドリアンは強烈な匂いを発するために、シンガポールではMRT(地下鉄)やタクシーにドリアンを持って乗ると罰金!!です。そのため、お店に食べるスペースが設けられている様です。
でも、この店のはそんなに匂いません。なんでだ?
スーパーのは30mくらい先からプーンと匂ってくるのになぁ・・・。

ドリアンにもいろんな銘柄があるようで、猫山王やらXOやらいろいろあります。
しかし、今回我々は無謀にも一番高いものに手を出すことに決めました。
「王中皇」 皇帝の中の王様!?
1キロあたりS$28もします。
ちょっと小ぶりなやつを選んでみましたが、2kgあって53ドルとか言ってます。
みんなで難色を示していると、S$50にしてくれました。さすがH様です。

お店の奥のテーブル席に移動して、お店の人にナタで殻を割ってもらい、いよいよです。
durian2
さすが「王中皇」、吟醸香を濃くした様な、何とも言えない芳香を発しています。
口に入れるとさらに香りが強くなって、舌触りはなめらかなクリームの様です。
これはウマい!!さすが果物の王様と言われるだけのことはある。
10分ほどで全て食べ尽くしてしまいました。

H様貴重な体験をありがとう!!

★★★★★

ChaChaCha

2010. . 18
新しく入った同僚が、まだ家族が来てなくて独身生活を送っているとのことだったので、一緒に晩ご飯です。
始めてholland villageに乗り込みました。
holland villageはおしゃれなお店がたくさんあって、ワタクシにはあんまりなじみのない雰囲気です。
その中で二人とも何かに引かれるように目についたメキシコ料理屋さんに入りました。
Chachacha
"ChaChaCha"というお店です。
とりあえず、僕はコロナビールを頼んで乾杯!!
ウンメー!!
そして、メニュー見てもよくわからんので、とりあえずウマそうなものを注文しました。
タコス
とりあえず出てきたナチョス?を食べながら、御歓談です。
思ったほどサルサソースも辛くなく、美味しい。

セット
僕の頼んだメニューは・・・忘れました。
セットのメニューだったんだけどなぁ。とりあえずオイシかったし、メキシコ気分を楽しめるし、お値段もそんなに高くなかった気がするし、なかなかおすすめです。

★★★★★

大江戸温泉物語

2010. . 16
先月、日本に帰りました。
子供も幼稚園少し休んでお里帰りです。その際に東京で一泊することになったのですが、成田にも羽田にもアクセス良くて、子供も喜ぶところを探していると、お台場の大江戸温泉に宿泊できる施設があるそうで予約してみました。

成田からお台場方面行きのリムジンバスで日航ホテル下車。「ご宿泊ですか?」と聞いて来る係員を振り切り、ゆりかもめで2駅「テレコムセンター」で降りて、徒歩3分ぐらいなのですが、スーツケースを抱えてこの移動は微妙につらいです。

でも、着いてしまうと館内は浴衣でらくちんだし、お風呂は入り放題だし、中はお祭りの様で子供達は大喜びだし。
まずまず満足。
そして、みんな館内で食事をすることに・・・。
store
こんなお店がいくつかあって、みんな好きなお店で好きなものを頼んで食べれます。
ん?これってシンガポールのホーカーと一緒のシステムじゃないか!!!

beer
まずは、ビールで乾杯!!グラスはキンキンに冷えてますがプラスチック製です。感触がイマイチです。

tendon
僕は天丼をオーダー。穴子が思いっきりはみ出しています。お味はまあまあ。
シンガポールではなかなかおいしい天ぷら食べれないので懐かしい。

ramen
嫁さんはラーメン・餃子と「食べるラー油掛けご飯」のセットです。
ちょっと興味があったので「食べるラー油掛けご飯」を少し奪って食べてみましたが、かなり美味しい。
ご飯3杯いけます???

soba
子供達はざるそばと海鮮丼セットです。
これも味はまあまあ。

食べた後、子供達は片付けせずに遊びに行く体勢に入りますが、ここはシンガポールではなく日本です。
日本人として食べた後は片付ける様、再教育です。

と、言う訳で大江戸温泉物語の食事は、味はまあまあ、雰囲気は久しぶりの日本だけに楽しめる。お値段は全部で5000円くらいだった様な・・・後で清算なので良く覚えてません。

★★★★☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。