スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒルマンレストラン ペーパーチキン

2010. . 20
pe-pa-tikin
chaophan
kang kong
今回は、ペーパーチキンです。
妻とガイドブックを見ながら、「一度食べに行きたいねぇ。」と、話していたのですが、今回ランチで突撃です。
リトルインディアのもう一つ北のファーラーパークから歩いて数分、ムスタファの近くにあるヒルマンレストランにいきました。
予約なしで入ったのですがすぐに座れました。でも、お客の半分以上は日本人です。あちらこちらから日本語が聞こえてきます。メニューにも日本語があり、かなり日本人客が多いようです。

とりあえず、ドリンクにグリーンティーを家族全員4人分頼んで、ペーパーチキン(中)、カンコンのニンニク炒め(中)、ベジタブルチャーハン(中)などをオーダーしました。
しばらくすると続々と料理が到着です。
早速ペーパーチキンをいただきます。ペーパーチキンは唐揚げのタレにつけ込んだ鶏肉のぶつ切りを衣をつけずに油紙で包んであげた様なお料理です。肉汁が紙の中にたまっていて、チャーハンの上で紙を破ると肉汁がこぼれます。そして肉汁を絡めたチャーハンと鶏肉をほおばると・・・ほっぺた落ちそうです。鶏肉も柔らかいし、味付けも日本人に馴なじみやすい味で、おいしい。
そして、ここはカンコンも美味しい。子供達がほとんど食べ尽くしてしまい、僕は二口しか食べられませんでした。

さらに食後にデザートを勧められました。店のおばちゃんに「マンゴープリン?杏仁豆腐?」と日本語で聞かれます。
妻がマンゴーアレルギーのため、みんな杏仁豆腐にしました。
シンガポールの杏仁豆腐は、杏仁豆腐とロンガン(龍眼)というライチに似た果物を一緒に盛ってあります。
こちらも美味しくいただきました。4人でS$96.00でした。

長女は、「パパの誕生日にまたここで食べる」と言っておりましたので、子供にもお勧めです。
でも、誕生日のお店は自分で決めさせてください。

★★★★☆
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://singahawkers.blog12.fc2.com/tb.php/26-f06b3543
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。